相生祭で工作教室を開催!


11月3日と4日に行われた相生祭で、相模女子大学学芸学部メディア情報学科と英語文化コミュニケーション学科が共同で行なっているKids’ Book Projectでは、クリスマスのポップアップカード工作教室を開催しました。
今回は相生祭に来てくれた子どもたちと一緒に、かわいい犬のサンタさんが飛び出すポップアップカードを作りました。来てくれた子どもたちの中には、まだ一人でハサミを使ったりするのが難しい小さい子もいます。そういった場合は親御さんにも手伝ってもらい、一緒に工作を進めました。ポップアップカードが完成すると、子どもたちは皆すごく喜んでくれて、私も嬉しい気分になりました。
(文責:メディア情報学科4年 鈴木綾子)

ポップカードを作るとき、子どもたちは真剣顔で、作り終わった後はみんな嬉しそうにしていました。また、ポップカードに、デコレーションする時や、「できたら誰にあげようかな?」と楽しそうに話している姿を見て、微笑ましい気持ちになりました。ポップカードを作った後は、電子絵本に興味を持ってくれる子たちもいて、その場で一緒に読んだりもしました。たくさんの子どもたちが来てくれて、とても楽しい時間になりました。
(文責:メディア情報学科4年 芝真澄)

ポップカード教室に参加して分かったことは、相手に分かりやすく説明をする難しさでした。この教室には幼稚園児から大学生までの様々な世代の方が来てくれました。相手に分かりやすく教えたつもりでしたが、手順や糊で貼り付ける場所等、思い通りには相手に伝わらず細かく伝えるのは難しいと痛感しました。そのため、1つ1つの工程を丁寧に複数回教えるように改善させました。
このように、人に分かりやすく教えることの大切さを知ることができる機会が持てて、良かったと思いました。また、仲間と楽しみながら教室を成功させることができ、良い思い出になりました。
(文責:メディア情報学科4年 高梨奈穂)


2019.01.17 Thu

EDUCATEそだてる

相生祭で工作教室を開催!

  • bnr_01

    相模女子大学公式サイト
  • bnr_02

    受験生、保護者の皆様へ 相模女子大学大学案内 まずは資料請求!WEBで簡単申し込み